販促知恵袋 ◆ 「みんなの販促」が推奨する「販促スタイル作り 7つのステップ」

「みんなの販促」が推奨する
「販促スタイル作り 7つのステップ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 販促知恵袋

「みんなの販促」の無料個別相談では、「販促スタイル作り 7つのステップ」に当てはめて、皆さんにとって最適な販促ツールをご提案しています。


※「みんなの販促」CM動画

で・・・「みんなの販促」のCM動画を観て「7つのステップってなんなの?」と聞かれるのですが、「7つのステップ」とは、次の通りです。


1.商品・サービスを揃える、整理する。

2.情報と画像を揃える。

3.情報と画像を載せたホームページを作る。

4.情報発信する販促ツールを選ぶ。

5.販促ツールを使って情報発信する。

6.広告を使う。

7.お客様との関係作りをする。


皆さんの現在のステップは、何ステップ目ですか?

一度当てはめて確認してみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■1.商品・サービスを揃える、整理する。

現在商品・サービスがある方は「5つの基本展開」、「5つのテーマ展開」に商品・サービスを整理して、各商品・サービスのポジションを明確にしてください。

まだ商品・サービスがない方は「5つの基本展開」、「5つのテーマ展開」での商品・サービス展開を考えてください。

「5つの基本展開」、「5つのテーマ展開」について、「みんなの販促」では動画講座のレンタルストリーミング配信を行っております。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■2.情報と画像を揃える。

[1]が整えば、その商品・サービスの情報・画像を揃えてください。揃えることは様々な販促活動、販促ツール制作の「楽」「低コスト化」に繋がります。

また基本情報、プロフィール、その他関連情報、ポリシーなどの情報、そしてそれに関連する画像も揃えてください。

揃えるべき情報について、「みんなの販促」では動画講座のレンタルストリーミング配信を行っております。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■3.情報と画像を載せたホームページを作る。

[1][2]を全て掲載したホームページを作ってください。ホームページは、これからの販促活動、販促ツール制作のための「データベース」(情報の集まり)になり、さまざまなことの「楽」「低コスト化」につながります。

作らなければ損です。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■4.情報発信する販促ツールを選ぶ。

情報発信するための販促ツールを選んでください。選ぶべきツールは、たとえ同じ業態であっても、販売する商品・サービスの特性、スタッフのスキル、立地、環境、ターゲット・ターゲットエリアによって異なります。

ミスマッチな販促ツールを選ばないようにしてください。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■5.販促ツールを使って情報発信する。

[4]で選んだ販促ツールを使って、情報発信してください。SNSならばSNSを使った情報発信を。名刺ならば人と交流して名刺交換を。イベントならばイベント出店を。

それぞれの販促ツールに合わせて行ってください。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■6.広告を使う。

情報の拡散を狙うために広告を使ってください。広告も、販促ツールと同様にたとえ同じ業態であっても、販売する商品・サービスの特性、スタッフのスキル、立地、環境、ターゲット・ターゲットエリアによって異なります。

広告費は高ければいいというものではありません。誤った広告選択をしないでくださいね。

販促,販売促進,プロモーション,セールス,販促コーディネーター,みんなの販促,ブランディング,ホームページ,集客,フロー,ステップ,営業マン,セールスマン,営業,プレスリリース,ネット広告,情報,紙媒体,ランディグページ,イベント,

■7.お客様との関係作りをする。

お客様との関係作りをしてください。販促活動の目指すべき目標がここです。ここまで来ると、最小限の労力で、高い販促効果が得られる販促活動ができるようになります。

お客様との関係作りのためのツールとしては、DM、メルマガ、ライン@があります。

これについてもたとえ同じ業態であっても、販売する商品・サービスの特性、スタッフのスキル、立地、環境、ターゲット・ターゲットエリアによって異なります。

皆さんのターゲット層に合わせた選択をしてくださいね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうして羅列すると、めちゃくちゃ大変そうに思えますが、[1]〜[3]までの「販促基盤」さえできてしまえば、[4][5]は省力で取り組めて、[6][7]までくると販促活動がとても楽になり、楽になるとともに販促効果が大きくなります。

ご自身にとっての「販促スタイル 7つのステップ」に興味がある方は「無料個別相談」をご利用ください。

今日も1日、最高の販促を!

無料個別相談

「みんなの販促」では「無料個別相談」を毎月5名様限定で開催しております。申し込みフォームにある質問事項への皆さまの回答を基に、最適な販促スタイルをご提案させていただきます。

「みんなの販促」のサービスにご興味がある方は、サービスをご利用になる前に、ぜひ「みんなの販促」のサービス利用の一つの判断基準として「無料個別相談」をご利用ください。